カフェ激戦区でのアルバイト

地元から東京の専門学校に通っているときに、学校帰りにできる簡単なバイトをさがしているときにおしゃれなカフェのバイト募集を見つけて速攻で仕事させてもらいました。

そのお店はチェーン店のカフェでしたが、オフィスビルの1Fということもあり、ビジネスマンの憩いの場になっていました。接客業はどちらかというと向いているほうだったので、きっと余裕でこなせるだろうと思っていました。

しかし、カフェといっても軽食もあるし、やはり飲食店なので身だしなみや清潔であるということにとても厳しかったです。学生だったため勤務時間は夕方~ラストまでがメインだったため、掃除も毎日1時間以上かけていましたし、となりのお店がファミレスだったため、排水処理もかなりきつかったです。においとか残飯とかが。。。あと、ラストまでの仕事だとお金のチェックや本社への売り上げ報告もあり、責任ある仕事がかなり多かったです。

さらに、東京タワーの近くのお店だったので外国人観光客が多くて英語が話せない私は身振り手振りの対応をしており、理解してもらうのに時間がかかり反省しております。
それに対して、楽しかったこともたくさんありました。まず、バイトの子たちはみんな学生さんだったので年齢も近く、仕事中だけでなく帰りの電車の中で趣味の話しをしたり、連絡先を交換する子までできました。中には留学生の子もいて、日常生活の相談相手になるのが日課になっていました。

個人的に嬉しかったのは、休憩時間に社割価格で好きなサンドイッチを自分で作れるのが毎日の楽しみでした。バリスタマシンで自分もコーヒーの淹れ方が日々上達してくのがわかりましたし、自分で豆を挽いて淹れるエスプレッソで作ったカフェラテは最高でした。コーヒー豆の香りが大好きだったので幸せでした。

あと、あまり仕事と関係ないですが、たまに芸能人の方が来店するのもうれしかったです。仕事中に話しかけてはいけないルールだったので、サインや握手を求めることはできませんでしたが。。。