虫歯を抜いた時に決断した治療法

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。大至急歯科医にかかってください。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。